幻を追って「バカの壁」という本!?

01.

バカとは関わりにならないほうがいい!?

んじゃないの!?「バカの壁」を読んでそう感じたけどねえ。バカは早く死んだほうがいいのかもしれない。

02.

本は何の助けにもならない!?

そういう意味では本は読まないほうがいい。結局、本は知性なので、ただ「知る」ということが重要な意味を持ってるだけなので。知性を得るためになら、いろいろと手助けにはなるだろうとは思うけどねえー!?

03.

たとえ、ミステリーだとしても!?

物語の扉を開けることはとても容易なはずだけどねえー

04.

ゲーム!?

ゲームに熱中していて殺人事件が起きたらしいねえー

05.

最近本はちらっと飛ばして見るかけだねえー

以前のように、本を開いて、ワードを使ってキーボードの練習をすることもなくなった

06.

地元を歩いてるとバカがいやがらせをする!?

地元のバカは読まなくていいよ。地元に向けてなんて発信はしていないからねえ。